読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝える技術 言いたいことが伝わらないと意味がない

営業職になってからプレゼン、商談資料、報告書…ととにかく人に伝える機会が多くなり、正確にわかりやすく伝えることの難しさを感じております。自分の意志や思いがあってもそれがうまく伝わらなきゃ、やりたいこともやらない!やる気と気合いで頑張りますじゃダメなんです…

就活中の学生さんや営業じゃなくても仕事をしている人はみんな必要なスキルかなと思います!だって自分のやりたい仕事、どんな人間であるのか、こんなこと考えているんだという熱い思いちゃんと伝えたいですよね?

 

グロービスに通う先輩社員から薦められた本です。

以下私の感想です。

 

外資系コンサルの資料作成術』

f:id:asami_m_0822:20170320143527j:image

https://www.amazon.co.jp/外資系コンサルの資料作成術-短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク-森-秀明/dp/447802572X

 

①ただ知っている情報を伝えるのではなく、論理的に伝えることが大切

      証拠 : ○○がある

      主張 : だから△△だ

      保証 : なぜならば××だからだ

を基本にして資料作成して行くとムダなく必要な情報を正確に伝えられる。日々の訓練で身につくと思うし、資料作成だけでなく会話も同じなので意識していきたいな…

 

②資料は12パターンの見せ方で簡単にわかりやすく表現できる

論理パターンで資料の見せ方の型があって、事例とと共に説明があるのでわかりやすい!今まで資料をうまくまとめられず困っている方必見!

 

③資料はコミュニケーションを促進するための刺激物にすぎない

これは読んでてはっ!としました。キレイな資料を作って読み上げるだけの報告なんて相手からしたらいらないですよね。見ればわかるんだから。目的が資料作りになってしまっていて相手の立場に立てていなかったことに反省。

 

④「思いついたアイディア書き→イメージを膨らませる→資料作成」ステップを踏んで整理することが大切

急いでいると直ぐパソコンに向かっていきなりキレイな資料を作ろうとしていましますがそれはやっぱり違うんだなと改めて思いました。理由もしっかり書いてあるのですっと内容も入ってきます。

 

150ページの読みやすい本です!是非おためしくださいませ!